<   2010年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ノリタケの森 by old  lens その4

そして三本目のレンズがこれ NIKKOR 20mm 1:3.5

Ai-sなのでD300以上のカメラに付ければAEも可能です。ちょっとOLDレンズと呼んでしまうのは可愛そうですね。

NIKON D80  Tokina AT-x AF 100mm 1:2.8 MACRO   700x785

c0171945_1255531.jpg



私にとってこの画角はとても使いやすいので、どんどんとシャッターが切っていけるのです。

NIKON D80  Ai-s  NIKKOR 20mm 1:3.5   570x850

c0171945_12564919.jpg



開放近くで撮ると結構ボケてくれます、ちょっとザワザワするのが残念ですね。

NIKON D80  Ai-s  NIKKOR 20mm 1:3.5   570x850

c0171945_1313995.jpg



コントラストも高く、現代的な写りのするレンズです。AF 20mm 1:2.8Dと較べてもこちらの方がシャープに感じます。

NIKON D80  Ai-s  NIKKOR 20mm 1:3.5   605x850

c0171945_1385716.jpg



使っていて不思議なことが、このレンズ前に紹介した NIKKOR-H・C Auto 1:3.5  f=28mmよりピントが合わせやすいのです。こちらの方が広角で明るさも同じ、なんでだろ??

NIKON D80  Ai-s  NIKKOR 20mm 1:3.5   590x850

c0171945_1321379.jpg



よく見ると、Ai-sは無限遠から最短まで90°、NIKKOR Autoは180°あります。ちょっと動かしただけでフォーカスがたくさん移動するのでヤマがつかみ易いと感じたのですね。

NIKON D80  Ai-s  NIKKOR 20mm 1:3.5   570x850

c0171945_1355786.jpg



4回に渡ってご紹介しましたノリタケの森ですが、隣接するノリタケの工場の閉鎖に伴い存続が危ぶまれています、素晴らしい施設なので是非これからも続けてもらいたいですね。

NIKON D80  Ai-s  NIKKOR 20mm 1:3.5   570x850

c0171945_13133975.jpg

[PR]
by aitoyuuki32 | 2010-01-31 13:15 | カメラ、レンズ | Comments(16)

ノリタケの森 by old  lens その3

次にご紹介するのがこれ、NIKKOR-H・C Auto 1:3.5  f=28mm

これは東京の中野の某カメラ屋で最近買いました。

前回のNIKKOR-S・C Auto 1:1.4  f=50mmと同時期のレンズですね。

NIKON D80  Tokina AT-x AF 100mm 1:2.8 MACRO 700x785

c0171945_194585.jpg



このレンズ当時の評価は芳しくなかったと思いますが、APS-Cで中央部だけ使うと最新のNIKKOR AF 28mm 1:2.8Dより良いのです。1:2.8Dは盛大にパープルフリンジが出ます。

28mmはフルサイズで42mm、中途半端な画角だけど歪みが少なくて素直に撮れますね。

NIKON D80   NIKKOR-H・C Auto 1:3.5  f=28mm   570x850

c0171945_19162146.jpg



でもひとつちょっとしたクセがあります、一応多層膜コーティングなんだけどカラーバランスが青に寄ってます。
アップした写真は全部カラーバランスを取り直してます、ぱっと見わかるくらい青っぽいのです。

ところで、オートホワイトバランスってどんな仕組みなんでしょうね?

カメラの外にはセンサーが無さそうなので、TTLでやってると思いますが、そうすると紅葉の写真の時って真っ赤だから、そうならないように色温度設定をどんどん下げてくように思いますが。

でもそうなってないから、もっと高度なアルゴリズムで動いてるんだろな。

NIKON D80   NIKKOR-H・C Auto 1:3.5  f=28mm   1024x685

c0171945_19231949.jpg



カラーバランスさえ取ってやれば結構きれい、まだまだいけますよ。

でも28mmくらいになると明るさがF3.5ということもあり、AF機ではピント合わせが困難。距離目盛りを信じて適当に撮りました。

NIKON D80   NIKKOR-H・C Auto 1:3.5  f=28mm   1024x685

c0171945_19275130.jpg



それほどボケも悪くないようです。

それにしても暗い広角レンズはピントが合わせが難しいのでAFが良いですね。

デジイチのフルサイズでMF機ってのがあると面白いな。もちろんMF用のちゃんとしたフォーカシングスクリーン付きで。

NIKON D80   NIKKOR-H・C Auto 1:3.5  f=28mm   610x850

c0171945_19355062.jpg

[PR]
by aitoyuuki32 | 2010-01-29 19:40 | カメラ、レンズ | Comments(8)

ノリタケの森 by old  lens その2

50mmレンズといえば、やっぱりボケ具合が気になるところ。

球面収差過補正のこのレンズは、後ボケに二線ボケがはっきり出てしまいます。やはり二線ボケは好きじゃないので、F2.8まで絞ります、そうすれば綺麗にボケてくれますね。

NIKON D80  NIKKOR-S・C Auto  1:1.4  f=50mm   605x850

c0171945_20404256.jpg



白い点光源がなければ開放に近くても二線ボケは気になりませんね、あるいは被写体に近寄って完全にボカし切ってしまうのも手です。

NIKON D80  NIKKOR-S・C Auto  1:1.4  f=50mm   570x850

c0171945_2043924.jpg



このレンズ、ひとつ欠点があります、60センチまでしか寄れないのですね。他社の50mmはみんな45センチまで寄れましたからくやしい思いをしました。

当時はこのレンズ1本しか持ってませんでしたので、接写するときはウラワザを使いました。

レンズを逆向きにして手で押さえながら撮影、そうすれば等倍以上で撮ることができるんですよ。

NIKON D80  NIKKOR-S・C Auto  1:1.4  f=50mm   605x850

c0171945_20485341.jpg

[PR]
by aitoyuuki32 | 2010-01-27 20:53 | カメラ、レンズ | Comments(14)

ノリタケの森 by old  lens その1

たまには古いレンズを持ち出して撮ってみた。

まずはこれ、はじめて手に入れた標準レンズ、NIKKOR-S・C Auto 1:1.4 f=50mm

ニコマートFTnとセットで買いました。

あこがれの大口径レンズ、嬉しくて嬉しくて。

期待しながら、さっそく開放で撮影してみて愕然、
なんで、こんなにもやもやとしてはっきりしないの~。

その後、開放はよほどのことがない限り使いませんでした。

NIKON D80  TAMRON XR DiⅡ SP 17-50mm 1:2.8 (A16Ⅱ)   700x690

c0171945_22575028.jpg



今回は単焦点レンズ3本もってノリタケの森に出掛けました。

絞って使ってやれば十分にシャープ、まだまだ現役の写りです。

他の2本は後日紹介します。

NIKON D80  NIKKOR-S・C Auto 1:1.4 f=50mm   655x850

c0171945_22595032.jpg



さすがにズームでAE、AFに馴れていると、ばんばんシャッターを切っていくわけにいかないですね。

それでもディスプレイで露出を確かめながら、人間ズームするのも結構面白かった。

NIKON D80  NIKKOR-S・C Auto 1:1.4 f=50mm   655x850

c0171945_233375.jpg



あらためてAPS-C機に50mmを装着してみるとかなり望遠です、これ一本で撮っていると結構くるしい場面も出てきます。

NIKON D80  NIKKOR-S・C Auto 1:1.4 f=50mm   570x850

c0171945_235292.jpg



こんな場面では、フレアが出て最新のレンズと較べるとややコントラストが低いですね。でも解像度は十分あります。

新旧、建物対決ということで。。。。

NIKON D80  NIKKOR-S・C Auto 1:1.4 f=50mm   600x850

c0171945_237353.jpg

[PR]
by aitoyuuki32 | 2010-01-25 23:14 | カメラ、レンズ | Comments(12)

枇杷島駅 day and night

NIKON D80  TAMRON XR DiⅡ SP 17-50mm 1:2.8 (A16Ⅱ)   570x850

c0171945_0301915.jpg



NIKON D80  TAMRON XR DiⅡ SP 17-50mm 1:2.8 (A16Ⅱ)   1024x685


c0171945_0305829.jpg

[PR]
by aitoyuuki32 | 2010-01-24 00:31 | 愛知 | Comments(14)

東海道本線、普通 午後7時30分

朝、人々の表情は写真にならない。

夜、一日を終えたその表情は、みなそれぞれ興味深いものがある。

NIKON D80  TAMRON XR DiⅡ SP 17-50mm 1:2.8 (A16Ⅱ)   700x470

c0171945_2101171.jpg

[PR]
by aitoyuuki32 | 2010-01-22 21:00 | 愛知 | Comments(14)

六華苑 和室

京都の寺院を髣髴とさせる和室と庭園です。

NIKON D80  TAMRON XR DiⅡ SP 17-50mm 1:2.8 (A16Ⅱ)   1280x855

c0171945_22185120.jpg



廊下はこのように非常に長い、16畳ほどの部屋が5部屋くらい続いているからなのです。

NIKON D80 TAMRON DiⅡ LD 11-18mm 1:4.5-5.6  (A13) 570x850

c0171945_22195138.jpg



こちらは離れ、それでもこんな広さがある。本宅は大正の建物だけど、こっちは昭和の建物だ。

NIKON D80 TAMRON DiⅡ LD 11-18mm 1:4.5-5.6  (A13) 585x850

c0171945_22242568.jpg



以前から気になっていた、この畳の正方形の区切り。

みなさんも気になるでしょ!

内緒でちょっとメクッテみました、畳の下の板張りの下には電気コンロのようなものがありました。

暖を取るためか、はたまたお餅を焼くためか。。。。

NIKON D80  TAMRON XR DiⅡ SP 17-50mm 1:2.8 (A16Ⅱ)   1024x685

c0171945_22282078.jpg

[PR]
by aitoyuuki32 | 2010-01-20 22:33 | 三重 | Comments(18)

続 桑名市 六華苑

洋館の中はとても上質で贅沢な空間です。調度品も素晴らしいものばかり。

NIKON D80 TAMRON DiⅡ LD 11-18mm 1:4.5-5.6  (A13) 560x815

c0171945_22333557.jpg



こんなリッチな部屋で過ごしてみたいですね。

調度品はヨーロッパのものでしたが、窓ガラスは日本製でしょう、波打って歪んでました。

NIKON D80  TAMRON XR DiⅡ SP 17-50mm 1:2.8 (A16Ⅱ)   570x850

c0171945_22371222.jpg



サンルームには燦々と日が差し込みますが、部屋の中は以外と暗めで明かりが必要です。
それにしても保存状態が素晴らしく、いまでも十分使えるように感じました。

NIKON D80 TAMRON DiⅡ LD 11-18mm 1:4.5-5.6  (A13) 570x850

c0171945_22395330.jpg

[PR]
by aitoyuuki32 | 2010-01-18 22:43 | 三重 | Comments(10)

あれから15年

今日1月17日は阪神淡路大震災のあった日である。

15年前の2月、私は神戸の街に立っていた。

仕事で高松からの帰りである、当時新幹線は不通であったのでJRを乗り継ぎ、代替バスに乗り神戸に着いた。

街は信じられない光景であった、ほんの30分前の平穏な情景がうそのようだ。

さすがに30日近く経った後であったので、目をそむけるような凄惨な光景こそなかったが、街の様子は新聞やテレビで報道されたそのままである。

余震があれば倒壊しそうなビルがそこいらじゅうにあった。

また、人々が精一杯生きようとしている光景も目の当たりにし、心の中で「頑張れ」と言うしかなかった。

もちろんカメラは持っていた、しかしカバンからカメラすら出すことができなかった、そんな世界が広がっていたのである。

昨日、神戸新聞の7日間というドラマが放映されていた、被災した神戸を取材するカメラマンの心の葛藤を描いていた。

わたしは写真を撮ることが出来なかったが、プロのカメラマンは違うのだろうな、と当時考えていた。

が、しかし実はプロも撮るべきか撮らざるべきかの葛藤があったのだと知り、今日こんな投稿をアップさせていただきました。

がんばれ神戸
[PR]
by aitoyuuki32 | 2010-01-17 15:50 | その他 | Comments(12)

桑名市 六華苑

三重県、桑名市 六華苑を訪ねた。 鹿鳴館を設計したイギリス人ジョサイア・コンドルの手による建物だ。

二階建ての洋館と手前の和風建築からなり、大正時代に建てられている。

まずは絵葉書構図で、建物の前には広大な庭園が広がっていて、池の対岸から撮ってみた。

NIKON D80  TAMRON XR DiⅡ SP 17-50mm 1:2.8 (A16Ⅱ)   570x850

c0171945_20443230.jpg



洋館部分には4層の塔があり、たいへんフォトジェニックだ。建物は国の重要文化財に指定されている。

NIKON D80  TAMRON XR DiⅡ SP 17-50mm 1:2.8 (A16Ⅱ)   570x850

c0171945_20501181.jpg



洋館二階の南側はサンルームになっていて、暖かい冬の午後を過ごすことができる。

NIKON D80 TAMRON DiⅡ LD 11-18mm 1:4.5-5.6  (A13) 1024x685

c0171945_20524481.jpg



洋館はやはり夏の涼しさよりも、冬の暖かさを優先しているような感じがします。

NIKON D80 TAMRON DiⅡ LD 11-18mm 1:4.5-5.6  (A13) 595x850

c0171945_20555147.jpg



なんかグリム童話にても出てきそうな感じがしませんか。

NIKON D80  TAMRON XR DiⅡ SP 17-50mm 1:2.8 (A16Ⅱ)   570x850

c0171945_20573517.jpg

[PR]
by aitoyuuki32 | 2010-01-16 20:59 | 三重 | Comments(10)


日記のような写真をアップしていきますね


by aitoyuuki

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

まさに、 密やかに、で..
by j-garden-hirasato at 10:31
日の入り、 早くなりま..
by j-garden-hirasato at 10:29
shimaさん、こんばん..
by aitoyuuki32 at 23:10
volontaireさん..
by aitoyuuki32 at 23:08
すごい! なんとも言え..
by shima_shima1225 at 18:39
空間の使い方が巧いですね..
by volontaire at 15:25
umiさん、こんにちは ..
by aitoyuuki32 at 12:36
pureさん、こんにちは..
by aitoyuuki32 at 12:30
chocoyanさん、こ..
by aitoyuuki32 at 12:26
dachaさん、こんにち..
by aitoyuuki32 at 12:23

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

カテゴリ

全体
愛知
名古屋市内
名古屋駅前


明治村
富士山
常滑
松本
長野
EOS学園
京都
祭り
滋賀
紅葉
岐阜
三重
静岡県
奈良
神戸
アジア
瀬戸内海
神奈川
関東
東京
東北地方
山梨
九州
北陸地方
スナップ
古きを訪ねて
お酒
動物
カメラ、レンズ



昔のネガ
スポーツ
秘密
その他
イルミネーション
円頓寺、四間道
金沢
ライヴ

未分類

画像一覧

お気に入りブログ

季節を感じて
happy *riko*...
nakajima aki...
コバチャンのBLOG
但馬・写真日和
山田尚公の工房日誌
aya's photo
With Art
日本庭園的生活
CAFE TRES
お花畑で微笑んで**
はなふわな気分♪
ひつじ雲日記
T O K I B A K O
Shou's portf...
slow life-annex
マイ・ライフ
NekoMinto
気ままにお散歩
Studio Okamo...
Life is Sooo...
岳の父ちゃんの Phot...
Photo & Shot
マトリョーシカ
野沢温泉とその周辺いろいろ
彩々な風景 ~A Day...
HarQ Photogr...
Berry's Bird
流れのほとり
Silver Oblivion
** shympathy **
a day in th...
Photo Break
* thank you *
青い星のかたすみで夢をみる
*Hanapepe L...
Chikka*ism
N-style
じぶんさがし
ひろままのフォトブログ
気まぐれフォト
アイソメ寫眞館
光の贈りもの
Harvest Moon
はーとらんど写真感
富士山大好き~写真は最高!
るるた's weblog
アラカワ・ヒロシの 重なる記憶
花は桜木、
東大寺が大好き
ほほえみ
美は観る者の眼の中にある
purebliss 
はじめの零点五歩
あ お そ ら 写 真 社 
月の雫
LEICA M10-Pへ...
IL EST TROP ...
Lovely Poodle
たなぼた
Humming life
小梅さんは犬です。
きまぐれデジタルフォト  
からくり時計 Photo...
Amour Tendre
Bigstone 花空街フォト
晴れの日も。。。
かめらと一緒*
G-SHOT photo...
soulful photo
Blowin dans ...
季節のおくりもの
My Palpitation
花散歩写真 in Van...
looking for ...
気の向くままに…
旅プラスの日記
EAM photo
S a b l i e r
natsunana
記憶の創造
お花びより
ポケットに季節の手帖
一瞬をみつめて
時色
Wayside Phot...
GreenLife
+ Spice to life
薫の写心
こころいろ*photo
my photo dia...
HAPPY to ...
BASIC COLOR
陽だまりベンチ+me
小鳥と食の日記withお...
one day 2
ここから
花々の記憶   hap...
箱庭の休日
sukai world 2
瞳の記憶
HI KA RI
ハッピーハッピー
* m i c a m ...
*Any*
すずめtoめばるtoナマケモノ
lumiere*
Amo Amo Annex
Masaの写真部屋 Ⅲ
屋根裏部屋の落書帳
*ぷるはあと*
*ruu* no uta
Soul Eyes
一期一会 ☆
Blue Moon
木洩れ日 青葉 photo散歩
感動模写Ⅱ
miyabine's フ...
彩ふぉと
ai...ting wo...
いつかみた夢
気ままな・・・風のいろ2

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

中部
カメラ

メモ帳

最新のトラックバック

どまつり 前夜祭
from 感動模写
おひなさん
from 写真、好きやねん!
にっぽんど真ん中祭り 4
from 写真、好きやねん!
てっちゃん
from nakajima akira..
NIKKOR-S Aut..
from nakajima akira..
213  センベイちょうだい
from 風に転がるカメラ
にっぽんど真ん中祭り
from 一生懸命(これでも^_^;)..

検索

タグ

(10)

ファン